2011年08月07日

久しぶりに

草トーナメントに出てみました。

暑かったです。水分、3ℓ消費。

2011080711480000.jpg

最近はあまり試合に出てなくて

前回、何年か振りに出た試合でチキリまくったので

これは何とかしなきゃ  って思い、チャレンジしてみました。

結果は、全敗。残念。。。

勝てそうなのに、大事なところで荒くなってポイントに繋がらない。

前回よりチキリ度合いは改善できてたなって感じだけど

まだまだ戦ってる相手が自分のようです。

でも、全部がダメだった訳ではなく

試合後に対戦相手にアドバイスをもらって勉強にもなったし

いい面もたくさんありました。

挑戦するって大切ですね。

何事も。
posted by CBTC at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

連覇

日曜日に、三原スポーツの試合に出てました。

三原スポーツといえば、

お楽しみ抽選会です。


2度あることは3度ある。


と言うことで、

三原スポーツのお楽しみ抽選会、

3戦負けなし。


今回はルコックのTシャツゲットでした。

わしょーい。



試合は。。

なんでしょうね。

相手に不足はありませんでしたよ。

3試合とも。



結局、

試合に勝てるかどうかって、

練習量に比例しますよね。


わたしなんて、ちんちくりんぐらいにしか練習してないので、

そりゃ、それ以上に練習してる人たちに勝とうなんて

なかなか難しかったりするわけですよ。

試合のプレッシャーの中で、いかに練習通りのことができるか、

なんて練習量と試合数のたまものです。



試合に勝つためには、

得意な球をさらに伸ばすことよりも、

苦手なものを減らして、できることを増やすことが重要だと、

昔教わりました。




わかっちゃいるんですよね。

そこにそんな球を打ったら相手の思う壺だと。

でも、自分の力量が付いていかないのですよ。

悔しい限りです。



そういえば、

当日は、AB級の試合と、CD級の試合が同時進行だったんですよ。

色々眺めていると、

AB級とCD級の試合で明らかに違うのって、

ドカ打ちがあるか、ないか、のような気がしました。


CD級の試合って、できもしないような、無茶な体制からいきなり打ち込んで、入るか否か、と言うような状況を良く見かけたのですが、

AB級は、別に球が常にびしばし早いわけでは無いんですよね。

でも、常にアンダーコントロール、というか。






先は長いな。と感じました。
posted by CBTC at 22:14| Comment(1) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

記憶

記録にも記憶にも残る試合、

私も見ました。


良く考えたら、

私、ロディックの試合初めて見たかもです。

あんなにすごい人だったのですね。


とはいえ、実況の人が、ロディックの成長ぶりにあっぱれ的なことを言っていたので、多分そうなのかもしれません。




4セット目をロディックが取ったときに、

こりゃもう寝てられん。

と、最後まで見ることを決意したのですが、

お互い、キープの仕方が圧倒的過ぎて、

どっちがどうやって勝つのか、さっぱり想像がつかなかったので、

10−10ぐらいになったときに、

次にロディックがブレークできなかったら、

もう寝ようかしら。。

なんて考えたりもしましたが、


いいや、ここまでみたんだ。

ロディックもフェデラーもがんばっているんだ。

私もがんばらないと。


と、最後まで見ることを再決心しました。

実際、ちょっと不謹慎ながら、

あまりに長いので、

もうどっちが勝っても良いから早くブレークしておくれ。。

と願ったりもしていました。



あと、サンプラスも見に来ていたし、

こんな試合が終わった後、この二人はどんなコメントを残すのだろう。

と、そんな興味深々もありました。



もう、あんな試合だったので、

どっちが勝っても素晴らしいことだったは思うのですが、

なんでしょうね。

個人的に、

試合の終盤戦、サンプラスがじっと試合を見ている姿に胸キュンでした。

あんなとき、人はどんなことを考えるもんなんでしょうね。


まあ、

記録はいつか破られるものですし。

今回の記録だって、いつかナダルが破るかもしれないし。



ロディックが試合が終わった後、

サンプラスに向かって

「ピート、ごめんよ。俺がんばったんだけど、だめだったよ」

と言ったのを聞いて、

起きていた甲斐があったなあ、なんて思いました。




日曜日の晩はそうやって更けていったのに、

昨日も間違えて夜更かししてしまったので、

今日は早く寝ることにします。
posted by CBTC at 20:27| Comment(3) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

記録

昨日、

気分が乗ったので、あの後も引き続きウィキってたんです。


じゃあ、

アガシの奥様のグラフって、グランドスラム通算22回優勝してるんですね。

しかも1年でグランドスラムを達成する、年間グランドスラムに加え、その年にオリンピックで金メダルを取っちゃったため、ゴールデンスラムという称号をあたえられたそうです。


どんだけ〜。
posted by CBTC at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

並ぶ

フェデラーが、とうとうサンプラスの記録に並びました。

サンプラス世代としては、

どちらかと言うと、サンプラスには単独1位であってほしかったなと言う気もありますが、

でも、なんだか、フェデラーって、もしかしてもうグランドスラム勝てないんじゃないか、なんて思っていたので。

しかもフレンチオープンで、グランドスラム達成。

さすがにめでたいです。


でも、フェデラーってマシンのように強かったのに、

王者奪回はなんだか急に訪れた感ががあります。

どんなに神でも、4大大会14勝ぐらいが限界ラインなんですかね。

記録はどこまで伸びていくんでしょう。



フェデラーがはじめてウィンブルドンで優勝したとき、

私は社会人1年目だったのですが。

入社した年なんて、ついこないだのことのようで、まだまだ新人気分だというのに(というのは少し言い過ぎかもしれませんが)

そうこうしている間に、同世代スポーツ選手は世代交代がはじまってます。

松坂も、もはやベテランの域だし。

ロナウジーニョは最近めっきり噂を聞かないし。


シビアな世の中ですよね。





そうそう、さっきウィキってたら、

2005年のウィンブルドン決勝で、フェデラーはアガシに勝ってるんですね。

アガシってやっぱりすげー。

あと、ナダルって、これまでの4大大会優勝、すべてフェデラーに勝って優勝してるんですね。

フェデラーは今回、ナダルに勝って優勝したわけじゃないですものね。

うーん。

興味深い。

posted by CBTC at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

D

ああ、テニスがうまくなりたいなあ。

と、本当に思った日でした。




ところで、

わたしったら影響されやすいので、

最近スカパラにはまってます。


常にスカパラ流して、

ウィキで隅々まで調べて、

そしてDVD見ながら顔と名前を覚えようと努力中です。



NARGOがかわいいんです黒ハート
posted by CBTC at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

試合とか

こそっと、試合に出てみました。



7ゲーム目を制するものは、ゲームを制する。


それが身にしみた1日でした。





例えば、ある試合は、

2-4ダウンだったんですよ。

しかもマイサーブで、0-40まで追い込まれました。

はっきり言って、もう終わったと思いました。


そしたら、そのゲームをキープできたんです。

で、2-5になるところが3-4になり、首の皮一枚残ったら、

あとは、最終的に6-4で勝ちました。

多分、2-5になっていたら、負けてたんじゃないかとおもいます。


ある試合は、やっぱり2-4ダウンで、

そこを落としてしまったんです。

2-5になって。

そこから少し粘ったのですが、結局4-6で力尽きました。


ある試合は、

ずっとキープが続いてたんです。

でも、4-3アップのとき、相手サーブで、

何度かポイントを握ったんです。

そこを取れていたら、5-3アップだったのですが、

結局最後のツメが甘くて、

4-4になりました。

(あ、これは8ゲーム目の話ですかね)

私たちはその試合、5も6も先にとったのですが、

最後までキープキープで、

結局タイブレで負けちゃいました。

あの、4-3アップの場面が、キーでした。




しかし、今日はわりと調子が良かったです。

練習って重要ですね。

それも実践的な練習。

試合形式なんかを多く取り込むことは大切だなあと思いました。




で、結果は?

優勝一歩手前でしたキスマーク
posted by CBTC at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

魔法

なんと、試合にでておりました。

いつぶりかしら。。



ところがこの2ヶ月ぐらいは、ここ3年分ぐらいのテニスをしていたので、

最初試合に入ったとき、

あれ?私いけてるんじゃないかしら???

と、意外な展開でした。



さっすが、

やっぱり練習量と比例するんだな、

なんて、ご機嫌になっていたのですが、



やはり相手はだんだんグレードアップするので、

私の魔法も3試合目に切れてしまいました。


即席練習量じゃ、魔法も長くは続かないものですね。

着実に練習を積み重ねるべきです。




でも、

試合に出ると、もっと勝ちたいと思うようになるもので。

単純なもんです。



それより、

夕方お家に帰るとき、

iPod君と一緒にお歌を歌いながら帰っていたので、

なんだかものすごくCDを借りたい気分になってきて、

どうせ晩御飯の買出しにも行かないと行けなかったので、

お家についたら、下のアップだけジーパンに履き替えて、

上は1800円のフリースのままで、

髪がぼさぼさは、ニット帽で隠して、


CDを借りに行ったら、1500円分も借りてしまって、

ソレイユじゃない近所のスーパーに行って、

牛乳と巻寿司を買って、


レジに並びながら、

ニット帽にフリースにジーパンに牛乳に巻寿司だなんて、

なんだか、いかにも一人暮らしだな。

なんて、思いに耽ってました。



そういえば、

わたし、朝ごはんも昼ごはんもコンビニのおにぎりで

晩御飯まで巻寿司だなんて、

炭水化物どんだけ〜。
posted by CBTC at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

おおおおおおおexclamation×2

杉山さんかったのですね〜〜〜〜ぴかぴか(新しい)

すばらしい。


決勝もがんばってもらいたいものですね〜。

あんまりプロのダブルスって見る機会がないのですが、

見るのもダブルスのほうが面白い気がします。

ダブルス好きだからでしょうか?


平行陣で打ち込みまくっているのに、みんな平気で打ち返しているラリーなんかはテンションがあがります。

プロってすげ〜。



最近思うのですが、

私って、相当ぐーたらかもしれないです。


最近、気がついたら夜寝てるんですよ。

テレビも電気もついたまんまで、大体明け方4時です。

別に、お風呂も入って、顔も落として、歯磨きもしてる状態なので、

問題ないっちゃ無いんですけどね。

あと一息です。

どうも、うたた寝症候群がなおりません。


しかも、

こないだお休みをいただいた時、

くっちゃね、テレビ、パソコンを夜まで繰り返して、

家に食べるものがなんもなかったので、どこかのタイミングで買出しに行かないとと思っていたのですが、

昼はレトルトカレーで食いつないで、

夜は、たまねぎとジャガイモを発見したので、ご飯とお味噌汁で食いつなぎました。

結局お外に出ず、です。

我ながら、あまりのぐーたらに、ベットと同化してしまうんじゃないかと心配になりましたが、

なんとか次の日立て直しました。


予定が無い休日を、うまく活用できないタイプです。


杉山さんを見習わなくっちゃ。
posted by CBTC at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

王者

今日、代休を頂いたので、

風の噂で聞いたことのある、保険がきく整体にどうしても行きたくなって、

でも、情報は、

ハンズの裏手の2階

しかなかったので、


随分とうろうろしたのですが、

見つかる気配なしでした。



真裏のビルの2階が整体だったのですが、

なんかそんな名前じゃなかったような気がしたので、

断念して、そごうの英国式足裏マッサージに行きました。


そしたらば、頭も目も首も肩も腰もふくらはぎも疲労困憊だといわれ、

まんまと延長をお願いしてしまいました。


気分爽快です。





それはさておき。

誰しもいつかは負ける日が来るもんなんだなと思いました。


とはいえ、なんだかパリッとしてなかったような。

フェデラー。



2002年にサンプラスと戦ったフェデラーのほうが20倍ぐらい神っぽかった気がしました。

フェデラーも人間だったのか、

やっぱり歳を取ってきてしまったのか、

ナダルがすごかったのか、

だけど、

素人目から見ても、昨日のフェデラーはちとミスが多かったような気がするんですよね。

特にバック。


結局雨で中断したところで力尽きてしまい、

決まった瞬間は見れなかったのですが、



それでも、ファイナルセットまでもつれたということは、

やっぱりフェデラーは神業なのだと思いました。

最後まで見たら、すごい試合だったんだろうな。


だって、6連覇がかかってたんですよね。

たしか、私が入社した年にフェデラーがはじめて優勝したので、

そこから勝ち続けてたって事ですよね。


なんだか感慨深いです。。




あと、

久しぶりに姉妹対決見ましたが、

相変わらず強烈でした。。

そういえば、大学時代はなんかいっつも姉妹対決で、

ちょっと見飽きた時代もありましたが、

少し時代を置いて、

再度姉妹対決。


なんか懐かしかったですわ。
posted by CBTC at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

シースルー

シャラポア、負けちゃいましたね。


そのニュースを見てたとき、

「その衣装が気に入らない!!というようなXXXの迫力に圧倒され、あえなくシャラポア惨敗!!」


的なコメントが流れて、


ま、確かに。

結構な衣装でしたね。



私だって嫉妬します。

一生懸命テニスだけに打ち込んでいる人から見たら、

テレビでちやほやされて、

モデルとかやって、

将来的には、デザイナーとかやってみたい、

とか言っちゃって。


絶対まけねーーパンチ



と燃えちゃうような気がします。

そこで、それでも勝っちゃうシャラポアはすごいと思いますが。


突然現れた伊達さんと、似たようなもんなんでしょうね。

なんとなく。




posted by CBTC at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

模索中

その昔、

私はサーブとフォアの一撃に頼る、超攻撃型(自滅型)テニスをしていました。

その一撃はそれなりの破壊力を持っていたので、

それじゃあ試合に勝てないことに気づくまで、5年かかりました。


そのことに気づいてから、

どうしていいかわからなくなり、

挙動不審なまま3年がたちました。



その3年の間に、私は自信喪失し、

私のフォアはダメなんだ、という自己暗示にかかってしまい、

それまでのスタイルとはまったく別の方法を模索するようになりました。


そこで、積極的に取り入れたのがロブとスライスとボレーでした。



多分、それはそれでよかったのでしょう。。



だけど、

フォアに頼らない試合運びを追求したため、

いまだにフォアが安定しません雨

フォアのストローク合戦なんて、勝てる気がしません雨



なんて、人生良し悪しなのでしょう。。




そして、最近、

今のプレースタイルにも限界があることがわかってきました。

(練習不足なのは抜きにして、ですよ)



あとは、

安定したストロークと、

要所でのエースと、

スピンサーブと

平行陣と

アプローチと、

いくつかの戦略と、

強い心を習得したら、


ムテキングですかね。

posted by CBTC at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

昨日、夜中に、なぜか、

2001年ウィンブルドン

サンプラス対フェデラーの試合を見はじめてしまい、


http://www.youtube.com/watch?v=NHKtJdLcxCQ&feature=related


テンション上がりましたグッド(上向き矢印)




2人とも、神です。。。


うぉーーーーーーーーーーーーーexclamation×2


っと大興奮ですよ。




ところで、

この試合のフェデラーはまさにムテキングだと思ったのですが、

次の試合でヘンマンに負けているのですね。。


そう。

2001年は、

私のイバニセビッチが優勝した年ですから黒ハート



勝負の世界って、不思議ですね。











posted by CBTC at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

繰上げ

日曜日の練習のときにも話に出たのですが、

エナンが引退しちゃいましたね。


シャラポアが繰上げ当選です。






どうなんでしょうね。

やっぱり、ああいう世界だと、

自分の実力で勝ち取ることに価値があったりするんでしょうね。




うーん。

やっぱり、こんな私でも、

上がいなくなったから自動的にえらくなるよりも、

誰からか認められてえらくなるほうが、

うれしいですし。








ま、でも素直によろこぶかな。

運も実力ですから。
posted by CBTC at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

快挙

テニスの王子様が優勝です。

錦織圭君18歳。


まあ、彼のことは今日知ったんですけどね。



おかげさまで、今日は便乗ニュースで松岡修造をよく見ました。


修造といえば、ウィンブルドンでベスト8を決めたときの、あの歓喜の顔が脳裏に焼きついております。



そういえば、修造のお父様は、東宝芸能の社長で、お母様はもと宝塚なのですね。

なぜテニス??

と思ったのですが、

実はお父様は、社長になる前はテニスプレーヤーだったそうですね。

でも、とても潔い方だったらしく、会社員になるときに、テニス関係のものはすべて処分したので、修造は有名なテニスプレーヤーになるまで、お父様がテニスプレーヤーだったことを知らなかったらしいです。


遺伝子の神秘ですね。。

鳥肌実です。
posted by CBTC at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

陥落

フェデラーが負けました。


その気分は、

サンプラスがフェデラーに負けてしまったときに似ています。



やっぱり、王者には、

ずっと王者でいてもらいたいものです。



とはいえ、

フェデラーも26歳ですか。

知らないうちに世代交代の時代なのかもしれませんね。


だって、テニスなんて4時間するので精一杯です。

オールも、もうできないし、

飲み会も、そんなに張り切らなくなってきた年頃です。



二十歳とか、そこらの勢いは

勝てないですよね。



そんなフェデラーは

目下ウィンブルドン5連勝中らしいですね。


しかも、今回で途絶えてしまったのですが、

4大大会、10大会連続決勝進出したらしいですね。


どんだけ〜〜。
posted by CBTC at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

人の見た目

全豪オープンやってますね。

直近の話ではありませんが、

シャラポア、ダベンポートに圧勝でしたね。




その昔、

グラフやヒンギスの頭脳戦の時代から、

マッスルテニスに変わったころ、

ウィリアムズ姉妹、ダベンポートも、

強い人たちは、見るからにマッスルでしたが




今って、

頭脳+マッスル?

にしても、シャラポアにしても、エナンにしても、

普通の人よりはゴツイにしても、

マッスルプレーヤー達に比べたら、全然きゃしゃいですが。



見た目きゃしゃで、そして可憐なプレーヤーが

マッスルたちに勝っちゃう今、、



まさに、

エースを狙えです。

お蝶婦人です。

あれは、よくできた漫画です。



それはさておき、

今後の女子テニスはどうなっちゃうんですかね?

これ以上の進化って、

なんなんでしょ?


テニスの王子様?

実写版、曲芸テニス??



人類の進化が問われます。
posted by CBTC at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

弱点

弱点があるということは、

もしかしたら、

財産なのかもしれない、

と、思いました。




私は、弱点の塊です。


サーブもフォアも、ちっとも安定しません。

ストロークは3球続いたら、パドロフのごとく、自分からミスします。

バックは昔から嫌いでした。

お前は、ボレーがだめだ、ってずっと言われ続けました。




サーブと、フォアの一撃だけじゃ、

試合に勝てないって、気づいたとき

テニスをすることがとってもしんどかった時代がありました。



でも、テニスから逃れなかったし、

勝ちたかったし、


怖くて、ストロークがまったく打てなくなったときに、

考えたのです。




どうやったら、それでも勝てるのかしら。。



そこから、

ロブでの組み立てを覚え、

スライスを覚え、

前衛での威嚇を覚え、


ポイントを考えるようになり、

守る球と、攻める球があることを知り、


自分の性格をよく理解するようになり、

人の試合をよく見るようになり、


敵のクセや動きを見るようになり、

ペアのテニスを考えるようになり、


試合の流れや、組み立てを考えるようになりました。



もし、私がなんでもそつなくこなせるようなタイプだったら、

あんまりなにも考えてこなかったように思います。



理想のテニスはとても遠いのですが、

まだまだ、改善の余地があるような気がしてしょうがないので、

きっと、私はテニスを続けているのだと思います。



posted by CBTC at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

引退

フィリポーシスが引退してしまうらしいです。



私は、マシン的に的確な人よりも、

なんだか、人間くさいくて、不器用な感じの人が好きなので、

フィリポーシスの事も大好きでした。



特に、昔は、サーブが早くて、展開の速い人が好きだったので、

とってもストライクでした。



このとき好きになったのが、イバニセビッチやフィリポーシスじゃなくて、



マイケルチャンだったら、ものすごく粘れる子になってたかもしれないし、

アガシだったら、リターンの天才にあってたかもしれないし、

ヒンギスだったら、頭脳プレーヤーになってたかもしれないし、

ヒューイットだったら、めちゃめちゃ足が速くなってたかもしれないし。


このとき、瞬殺プレーヤーに恋してしまったことが、私のテニス人生を変えてしまったかもしれません。



あのとき、エースのまねっこばかりじゃなくて、

必ずコートに入る球を練習しておけば。。。

足腰ちゃんと土台を作っておけば。。





いい男は罪深いです黒ハート





そういえば、フィリポーシスって、なんだかとっても若いイメージがあったのですが、もう31歳になってたんですね。

ってことは、わたしもそれ相応の歳になってきたってことでしょうかね雨
posted by CBTC at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

草トー

そういえば、

10月の終わりにこっそりパコーンのミックスに出ておりました。




大朝であったのですが、

朝っぱらから高速は、ものすごい霧で

しかもラジオからは「能」が流れ出しモバQ

なにやらいやな予感が・・・





そしたら、

現地に到着してみると、


なんと、コンパで出会ったことある人がおりました・・・



テニスをする人だということは知っていたのですが、A級だかB級だかで、まさかもう2度と出会うこともないだろうとなんて思っていたのですが、、

しかも、ものすごく感じ悪かったので。

私達側が。。。


人生どこで何がクロスするかわかったもんじゃないですね。。


一方的にひじょーに気まずい気分でした。(向こうはどうか知りませんが。。)






皆様も気をつけましょう。




で、試合はというと、

どうやら私は景品くじ運は良いのですが、

トーナメント運はそんなに良くないようです。


最終的にA級だかB級だかのペアとガッチンコで

撃沈でした。


ま、3つ取れたからいっか。

なんて、思っちゃう私はまだまだ未熟ものです。



なんか、そもそも勝つ気がないんでしょうね。

そういう試合って。

そんな気で試合すること事態、ペアに失礼なことだとわかっているのですが。


でも、私はそうなっちゃうことが多いです。\(__ ) ハンセィ

試合する前から、自分で勝つか負けるかを決めちゃってるんですよね。


勝つイメージができないときって、いい試合ができても、勝つことはないですから。

メンタルが、強くなりたいです雨



そして、

この日の参加賞は、さすが大朝、芋ほりでした。


イモって、普通一つのツルに3つぐらいついてて上等らしいですが、

景品運の良いわたしは、


071028_1252~0002.jpg


なんか、大小あわせて、7つぐらいくっついていました。

一人暮らしにはちと厳しいです。。

まだあまってます。。



ちなみに、こんな私を誘ってくれてにしみやんさんは、こんな感じでした。

071028_1252~0001.JPG  071028_1251~0001.jpg 
posted by CBTC at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テニスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。